2017年6月30日金曜日

安比高原のウメバチソウ

 
童話 鹿踊りのはじまり より
 
 「こいづば鹿さ呉でやべか。それ、鹿、来て喰」
と嘉十はひとりごとのように言って、
そ れをうめばちそうの白い花の下に置きました。
 
それから荷物をまたしょって、
ゆっくりゆっくり歩きだしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...