2017年6月30日金曜日

安比高原のハクサンシャクナゲ


童話 ビジテリアン大祭より

その式場を覆う灰色の帆布は、
黒い樅の枝で縦横に区切られ、
所々には黄や橙の石楠花の花をはさんでありました。

何せそう云ういい天気で、帆布が半透明に光っているのですから、
実にその調和のいいこと、もうこここそやがて完成さるべき、
世界ビジテリアン大会堂の、陶製の大天井かと思われたのであります。

向こうには勿論花で飾られた高い祭壇が設けられていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...