2017年6月30日金曜日

安比高原のシロツメクサ

 
童話 蛙のゴム靴 より
 
ある夏の暮れ方、
カン蛙ブン蛙ベン蛙の三疋は、
カン蛙の家の前のつめくさの広場に座って、
雲見ということをやっておりました。
 
一体蛙どもは、みんな、夏の雲の峯を見ることが大すきです。
 
じっさいあのまっしろなプクプクした、
玉髄のような、玉あられのような、
又蛋白石を刻んでこさえた葡萄の置物のような雲の峯は、
誰の目にも立派に見えますが、
買えるどもには殊にそれが見事なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...