2017年6月30日金曜日

安比高原のクルミ

 
童話 風の又三郎
 
どっどど どどどど どどどど どどう、
青いくるみも吹きとばせ
 すっぱいかりんもふきとばせ
 どっどど どどうど どどうど どどう

・・・・・・

「又三郎って高田さんですか。
ええ、高田さんはきのうおとうさんといっしょにもうほかへ行きました。
日曜なのでみなさんにご挨拶するひまがなかったのです。」

「先生飛んで行ったのですか。」嘉助がききました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...