2017年6月30日金曜日

安比高原のアザミ

 
童話 蜘蛛となめくじと狸 より

「かたつむりさん。気分がよくなったら一つ相撲をとりま しょうか。ハッハハ。久しぶりです。」
となめくじが云いました。

「おなかがすいて力がありません。」とかたつむりが云いました。

「そんならたべ物をあげましょう。さあ、おあがりなさい」
となめくじはあざみの芽やなんか出しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...