2017年6月30日金曜日

安比高原のオミナエシ

 
童話 気のいい火山弾 より
 
はじめは仲間の石どもだけでしたが
あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。
 
おみなえしが、斯う云いました。
「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりましたよ。」


安比高原のリンドウ


童話 銀河鉄道の夜 より

線路のへりになったみじかい芝草の中に、
月長石ででも刻まれたような、すばらしい紫のりんどうの花が
咲いていました。

「ぼく、飛び下りて、あいつをとって、また飛び乗ってみせようか。」
ジョバンニは胸を躍らせて云いました。

「もうだめだ。あんなうしろへ行ってしまったから。」
カムパネルラが、そう云ってしまうかしまわないうち、
次のりんどうの花が、いっぱいに光って過ぎて行きました。

安比高原の木いちご

 
童話 グスコーブドリの伝記 より
 
ブドリにはネリという妹があって、二人は毎日森で遊びました。
 
ごしっごしっとお父さんの樹を鋸く音が、
やっと聴こえるくらいな遠くへも行きました。
 
二人はそこで木苺の実をとって湧水に漬けたり、
空を向いてかわるがわる山鳩の啼くまねをしたりしました。

安比高原のクルミ

 
童話 風の又三郎
 
どっどど どどどど どどどど どどう、
青いくるみも吹きとばせ
 すっぱいかりんもふきとばせ
 どっどど どどうど どどうど どどう

・・・・・・

「又三郎って高田さんですか。
ええ、高田さんはきのうおとうさんといっしょにもうほかへ行きました。
日曜なのでみなさんにご挨拶するひまがなかったのです。」

「先生飛んで行ったのですか。」嘉助がききました。

安比高原のウメバチソウ

 
童話 鹿踊りのはじまり より
 
 「こいづば鹿さ呉でやべか。それ、鹿、来て喰」
と嘉十はひとりごとのように言って、
そ れをうめばちそうの白い花の下に置きました。
 
それから荷物をまたしょって、
ゆっくりゆっくり歩きだしました。

安比高原のハクサンシャクナゲ


童話 ビジテリアン大祭より

その式場を覆う灰色の帆布は、
黒い樅の枝で縦横に区切られ、
所々には黄や橙の石楠花の花をはさんでありました。

何せそう云ういい天気で、帆布が半透明に光っているのですから、
実にその調和のいいこと、もうこここそやがて完成さるべき、
世界ビジテリアン大会堂の、陶製の大天井かと思われたのであります。

向こうには勿論花で飾られた高い祭壇が設けられていました。

安比高原のアザミ

 
童話 蜘蛛となめくじと狸 より

「かたつむりさん。気分がよくなったら一つ相撲をとりま しょうか。ハッハハ。久しぶりです。」
となめくじが云いました。

「おなかがすいて力がありません。」とかたつむりが云いました。

「そんならたべ物をあげましょう。さあ、おあがりなさい」
となめくじはあざみの芽やなんか出しました。

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...